エスカルゼで本当にあった話シリーズ6.年齢と年収を聞かれた時

エスカルゼで本当にあった話シリーズ6.年齢と年収を聞かれた時

エスカルゼのブログをお読みいただきありがとうございます。
「あ、自分とは違う考え方の人だ」と思えば済むことなのに、

「それはおかしい、だめだ」とすぐに相手を責めたてる人について、誠に理解不能の真上でございます~

「どこまで情報開示?」

エスカルゼのとある日

 

一人の男性のお客様が硬い表情で私に、

「今相席の女性、いきなり僕に年収いくらですかと聞いてきた。初対面の人に年収を聞くなんてあり得ない!すごく気まずくなったから、僕はカウンターで一人で飲んでもいいですか?」と
相席の突然終了を要求。

 

そして別の日、今度は女性のお客様から

「今相席している男性、私の年齢を聞くのよ、女性に年齢を聞くなんて失礼極まりない。私は教えたくないのにそれでもしつこく聞いて来る。本当に感じ悪い。」と
怒りを噴出した。

 

ヤレヤレ… ヽ(゚~゚o)ノ ……….

 

結婚相手を探すのが目的ですから、
年齢と年収は婚活中の身なら、
知りたい相手の情報上位5には入るだと思います、、
(即座相手に聞くか、忖度するか、人によって取る行動が違うだけ)

 

年収はお金を絡んで面倒になることはあるしも、
年齢を教えたくらい減るものは何もないのに、
「女性に年齢を聞くのが失礼」と拒絶反応をする女子は謎に多い、、( ゚ ρ ゚ )

 

しつこいようですが、
結婚相手を探すのが目的ですから、
自分の人生をかけた大勝負と言っても過言ではない!
相手の情報をできるだけ、詳しく知りたいのは男女問わず、
同じだと思います。

 

「年収」、「年齢」、「趣味」、
「過去の恋愛、最終学歴、家族構成、持病の有無、、、」等々

それをストレートに聞く人、
会話の中でさぐりさぐりをする人、
それともに忖度をする人、

性格もあるから人それぞれ

 

 

婚活だから自分が聞きたい情報を相手が教えるのが当然だと思い込む人はいます。
警察に逮捕されても黙秘の権利はあるからね~

初対面だし、まして今後繋がりがあるかどうかすら分からない相手に、自分の情報をどこまで開示するのか、
あくまでも個人の判断で、
義務ではないとご理解いただきたい!

 

自分の中のこうであるべきこと、
相手が同調してくれるとは限らない!

人間関係の悩み、
特に婚活疲れにもなるほとんどの原因は、

この自分の中の当たり前が
目の前の相手に通用しない時

 

 

「あっ、こう来るのか~」と
穏やかな心をもって、
世の中いろんな価値観があってオモロイ~~と
婚活を楽しんで欲しいです((o('∇'*)o

どうしても気まずくなったら、
エスカルゼのスタッフにお伝えいただければ、
速攻席替えをいたします。
-真上瑚雪-

 

CTA-IMAGE 毎週末満員御礼・行列のできる婚活バー!横浜関内みなとみらい-官公庁・高級住宅の密集地域で上質な出会い。婚活に真剣な方が集まるから半年以内の結婚カップル続出!お一人様でもグループでも、お店側のリードで安心して会話を楽しめます。年齢別各婚活イベント、見合いParty開催!