婚活略歴と思い

エスカルゼのオーナー店長真上です。
よろしくお願いいたします。

エスカルゼと近いシステムのお店、ほかにもたくさんありますね、ただ経営者自身が婚活経験者(しかも6年)、多分エスカルゼくらいでしょうか、、(汗)

「私が結婚をしたければいつでもデキる~~」と私も思っていました。
でも婚活をしてみたら違った!

誰でもよければ確かに結婚はできるかもしれませんが、「好きな人」との結婚、これはこれは本当に至難の極みでした(;´ρ`)
自己紹介開始早々、6年だ、至難の極みだとか、読者が「婚活」に対して悲観的になってしまいますね、、m(_ _)m

私が本気に婚活を取りこみ始めた時は既に40才手前だから厳しかった。
エスカルゼに来ている若い人達を見ると、結婚はこんなに簡単なんだと羨ましくて仕方がない(*・∀・*)

だからこそ、いずれ結婚をしたいと考えているなら、恋人探しは一日も若いうちに!

 

2008年、私の6年に及ぶ婚活は、この年からスタート! 当時婚活というワードはまだ誕生していなく、 リアル恋人探しの手段は、結婚相談所か、お見合いパーティか合コンくらいでした。 エスカルゼのような婚活バーその物は、まだ存在しない時代だった。

 

略歴ー6年の土砂降り婚活

婚活一回目
2008年私が36才の時、女友達に連れられてお見合いパーティーを初めて参加しました。その時の感想は「あ~びっくり、あり得ない、こんなところは二度とイヤ」、でした。

婚活二回目
一年後、37才になりました。やはり出会いはないし、あれだけバカにしていたお見合いパーティを、また参加することになってしまいました。一回目の参加はまあまあモテていたのに、今回は男性から全く相手にされずひどく屈辱を味わえました。勿論、二度と婚活をしないと再び決意をしました。

婚活三回目
状況の変化は何もないのに時間だけが矢の如く、更に半年が過ぎ私は38才になってしまいました。仕方なく再びお見合いパーティを挑んだもののこれも収穫ゼロ。過去のモテ体験なんて全く無意味ということを思い知らされ、好きな人に好かれない、もうどうしたらいいのか分からない(>_<)

この時点で私は既に若くはないのに、いとも軽く三年の時間を無駄にしてしまいました。

婚活を本格的に
39才、別れと復縁を何度も繰り返し、合わせて12年間付き合っていた彼氏と最後に話し合いをした結果、完全にフられてしまいました(結婚をしてくれない男は何年待ても結果は一緒、しかし時すでに遅しっ)。
時間と大切な若さを無駄にしたことを私は猛反省、今度こそ婚活を本格スタートしあらゆる婚活ツールを試しました。婚活してぶつかる壁(自信喪失、理不尽、怒り、迷走、失望諸々、、)、風に強く吹かれて雨に強く打たれて土砂崩れにも巻き込まれたような感覚でした。

結婚
42才になるぎりぎりのところで今の夫と出会い、暫くして交際開始、44才結婚。

 


 

婚活は凄く苦しいことだと思っていました。
何度も心が折れました。
でも振り返れば、あの土砂降りの婚活を経験したからこそ、本当の幸せを掴むことができた!
婚活とは自分を成長させる旅。
人と関わる機会が多ければ、当然楽しいことばかりではなく、自分にない価値観とぶつかることもいっぱいありました。
驚きと苦悩はともないながらも、その都度対処法を考え、試行錯誤、少しずつ、生き上手に。婚活は私にとっては大変有意義な経験でした。

 

「恋人は鏡」、婚活に限らず、全ての人間関係の原点であり、この言葉に尽きる。

 

私の土砂降り婚活というのは、具体的な話は「真上店長の書き込み」の記事の中にてちょいちょい挟んでいきます。
婚活で悩むのが自分だけではなくて、同じ悩みを抱えている人はたくさんいるってことを、知るだけでも心強いじゃないかなと、、!

そして昔の私のように、ちょっと思い通りにならないとすぐに逃げて、貴重な時間を無駄にしてしまわないように、婚活中のみなさんの背中を押したい!エスカルゼの結婚カップル達の成功体験も合わせて読んでいただき、「婚活をすればいずれ結婚はできるのだ」と、自分の明るい未来を信じて、前に進めたらそれはこのブログの役割だと願っています+♥+ ゜

 

「付記」
エスカルゼの成婚カップル「1号」の奥さま、素晴らしい女性です。 彼女との出会いがあったから私は結婚できたと言っても過言ではないほど、女性としての幸せの近道、10才以上年下の若い彼女から教えられました。若いご夫婦にこころから感謝しています。

若いカップルを紹介したページ:
2014年9月6日-
真剣交際報告!会員さんからのプレゼント
2015年1月16日-
開店半年、婚約カップル誕生\(^_^)/
2015年4月7日-
羨ましいすぎる会員さんのスピード婚